やまとごころキャリア通信vol.38 会員登録1700名突破!企業の採用説明会実施報告

こんにちは。
やまとごころキャリアの宮澤です。

9月に入り、登録会員が1700名を超えました。
皆さん多様なバックグランドを持ちながら、
インバウンド業務に携わりたいという熱い想いは共通しています。
本日もフレッシュな求職者会員のデータを一部ご紹介していますの

是非ご参考にしてください。


先週、
やまとごころキャリア主催で採用説明会を開催いたしました
今回は、現在求人情報を4職種で掲載いただいているCtrip Japan様
単独の説明会として、サイト内告知、
メルマガでの参加募集を行いました。

当日は代表取締役事業部長より事業案内と業務の説明があり、
参加者から以下のような感想を寄せられました。

「代表が直接事業のビジョンについて語られたことが良かった」

「企業の成長を感じることができた」

事業部長から業務についてわかりやすい説明があった」

当日の参加アンケートでは、
「是非応募したい」「応募を検討したい」
と答えた方が参加者の約8割。

やはり、
求職者に対して直接語り掛けられる場は伝わり方も違います!
サイト上でもレポートとしてのご報告を予定していますので、
また改めてご案内します。

今後、求職者のニーズ、企業様のニーズをお聞きしながら、
説明会開催の機会を増やしていきたいと思っております!


▼採用ご担当者様向けページ
https://www.yamatogokorocareer.jp/saiyou/


▼掲載申込み前に、企業登録をこちらからお願いします
https://www.yamatogokorocareer.jp/company_entry.cgi?md=top

==============================
==========
~ 今号のコンテンツ ~
==============================
==========

1.やまとごころキャリア求職者データ
2.やまとごころキャリア掲載企業データ
3.お客様の声
4.編集後記

==============================
==========
1.やまとごころキャリア求職者データ
==============================
==========

登録求職者数:1712名
キャリアメルマガ読者数:837名
(9/9日現在)

------------------------------
----------
<求職者ピックアップ>

この1週間でやまとごころキャリアに登録があった
方々の一部をご紹介。

今週も、インバウンド業界で働くことに熱意を持った
方が続々登録!意欲溢れるコメントを少しご紹介します。

年齢:20代
性別:男性
国籍:中国
語学:英語、日本語、中国語
職歴:旅行会社(インバウンド関連業務)

年齢:20代
性別:女性
国籍:日本
語学:英語
職歴:予約業務(旅行会社)、ゲストアシスタント(ホテル)
コメント:今後オリンピック等もあり、
更に需要が高まるインバウンドの仕事にて、やりがいを感じたいと思っております。

年齢:20代
性別:男性
国籍:日本
語学:英語、中国語
職歴:ホテル業務全般
備考:営業・企画職を希望

年齢:20代
性別:女性
国籍:台湾
語学:日本語、英語、中国語
職歴:法人向け営業(広告代理店)
備考:営業・企画職を希望

年齢:20代
性別:女性
国籍:中国
語学:中国語、日本語(N1)
職歴:政府機関、商社
コメント:
中国で政府部門と民間企業両方に経験を持っております中国の仕事スタイルや市場環境をより理解できると思います。

年齢:20代
性別:女性
国籍:日本
語学:イタリア語、英語
職歴:事務、顧客アテンダント(メーカー、国際博など)
備考:事務職またはコーディネーター職を希望

年齢:20代
性別:男性
国籍:日本
語学:英語(海外滞在歴6年)
職歴:ホテルの海外営業職、
スノーリゾートでのインストラクター経験
備考:ホテル・旅館業を希望

年齢:30代
性別:女性
国籍:日本
語学:英語
職歴:接客営業(ブライダル会社)
備考:営業・企画職を希望

年齢:30代
性別:男性
国籍:日本
語学:英語
職歴:保険会社
備考:プレゼンテーション(特に研修)、
チームやプロジェクトの進行に自信を持っております。この経験と思いをインバウンドに活かしていければ嬉しいと考えております。

年齢:40代
性別:女性
国籍:中国
語学:中国語、日本語(N1)、英語
職歴:海外販売・輸出業務、通訳・翻訳
コメント:長く海外業務に携わり、営業、企画、
貿易など幅広い分野を経験したおかげで豊富な業務知識を持ち、柔軟性のある対応ができます。


==============================
==========
2.やまとごころキャリア掲載企業データ
==============================
==========

現在開中の求人情報:51件
(9月9日現在)

------------------------------
----------
<新着掲載企業>
【株式会社ENJOYJAPAN】
 成田市内ギフトショップで中国人観光客向け販売スタッフの募集
 https://www.yamatogokorocareer.jp/detail.cgi?job_no=1113

【株式会社ENJOYJAPAN】
 訪日外国人向け広告の企画提案職
 https://www.yamatogokorocareer.jp/detail.cgi?job_no=1139

【株式会社ルイスマーケティング】
 <中国系PR会社>中国人旅行客向けPR・
プロモーションの企画提案スタッフ募集
 https://www.yamatogokorocareer.jp/detail.cgi?job_no=1073

【ネクステージ】
 国際交流の懸け橋に!大阪支店にてホームステイ業務スタッフ募集
 https://www.yamatogokorocareer.jp/detail.cgi?job_no=1241

【株式会社ツーリストアイチ】
 インバウンド旅行の企画&営業スタッフ募集
 https://www.yamatogokorocareer.jp/detail.cgi?job_no=1240


==============================
==========
3.お客様の声
==============================
==========

9月2日、3日で開催されたJNTOフォーラムに
例年どおり、弊社もブース出展していました。

今回、特に「やまとごころキャリア」の認知拡大、
利用促進を目的として改訂した料金プランのご案内、
そして9月中実施のキャンペーンのご案内に力をいれておりました


会場では多くのお客様にお会いでき、直接色々お話ができる
よい機会となりました。

当日お話を聞いてくださった企業様から
さっそく企業登録をしていただいており、
新しいご縁がまた一つ一つ繋がっていき
嬉しく思っております。

新しいご縁と思っていたら、実は
「メルマガ読んでます。掲載のタイミング狙っていました」
とおっしゃっていただいたりして、、、
メルマガの効果を実感しました。

一方で、これまでご利用いただいている企業のご担当者様にも
会場でお会いでき、
「あ、また採用考えているから登録しますね!」と
これまた嬉しいリピートのお声掛け。

今週は、新着求人の動きも多く、
いよいよ秋の採用シーズンに突入してきた実感があります。

採用をご検討の企業様、
まずはご利用実績としての
「お客様の声」をご参照ください。


▼「お客様の声」一覧はこちらから
https://www.yamatogokorocareer.jp/saiyou/voice/


==============================
==========
4.編集後記
==============================
==========

この夏、久しぶりに「旅行」と呼べるものに行ってきました。
かれこれ5年くらい前から、北海道の友人に「遊びに来て」と
お誘いを受けていたのに、実現しないまま。

そこで、今年こそはと、何か月も前から計画を練り、
3泊4日と短いですが、北海道旅行に行ってきました。

旭山動物園富良野といった、人気のスポットはもちろん
(動物園では、警備員の方の一押しだった「カバ」
に癒されました
積丹帯広にも足を伸ばしてきました。
積丹では、旅館のウニづくしの夕食に興奮するあまり、
夕日を見に行くのを忘れるほど…)

滞在中は、すべて友人夫婦が車で案内をしてくれたのですが、
道中、個人的に驚いたことがあります。

・信号が少ない
(私の住んでいる所も結構な田舎ですが、
その私でも少ないと感じるほど)
・道路の幅が広い
(道路の除雪のためで、「堆雪幅」と言うんだそうですね)

ちょうど、アメリカ・カリフォルニア在住の友人が帰国しており、
偶然同じ時期に、家族で北海道旅行をしていました。
それでこの話をしたところ、
友人も同じように感じたと言っていました。

その友人も、北海道ではレンタカー移動だったのですが、
運転手はアメリカ人のパートナー。
彼は「まったく普段と変わらない様子」運転していたそうです。
カリフォルニアのハイウェイを走っている感覚だったのでしょう?)

広い北海道の大地を、車で疾走するのは気持ちがよかったですが、
運転に自信のない私が運転していたとしたら、きっと「安全運転」

疾走にはならなかったかもしれません…

(井上)