読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまとごころキャリア通信vol.59 求職者に人気の「企画職」

こんにちは。
やまとごころキャリアの宮澤です。

訪日の現場にいらっしゃる方にとっては
春節のピークを過ぎ、少し落ち着きを取り戻されたころでしょうか。

とはいえ、それもつかの間。
次は桜シーズン到来ですね!
情報発信、受入の体制を整えて、備えてまいりましょう。


さて、話は変わります。
やまとごころキャリアの登録会員に人気の職種とは、
ずばり「企画職」です。
ときに「営業・企画職」とひとくくりにするケースもありますが、
主には「企画」という言葉が持つ、仕事の幅のイメージに
惹かれている方が多いように感じます。

たとえば宿泊施設のお仕事でも、
「フロントスタッフ」に限定してしまうより
業務内容の中で、
お客様に喜んでもらえる企画作りにも携わることができる、
というコメントがあると
求職者の反応(応募数)も違ってきます。

販売接客のお仕事でも、
ターゲットごとにどのように見せ、どのように販売していくか
現場での企画力が必要になりますね。
やはりこちらも、そのような仕事の仕方ができることが表現されているのと
いないのとでは、お仕事に感じる魅力も変わってくるようです。

言ってしまえば、どんな職種でも「企画」に少なからず関わることに
なると思うのです。

求人の際には、是非とも業務の内容について
「あなたのアイディアが活かせる」「企画力を求めている」
ということにも触れてみてください。


========================================
~ 今号のコンテンツ ~
========================================

1.やまとごころキャリア求職者データ
2.やまとごころキャリア掲載企業データ
3.お客様の声
4.編集後記

========================================
1.やまとごころキャリア求職者データ
========================================

登録求職者数:2852名
(2/17日現在)

----------------------------------------
<求職者ピックアップ>

この1週間で、やまとごころキャリアに登録があった
方々の一部をご紹介します。

年齢:20代
性別:女性
国籍:日本
語学:英語、日本語、タガログ語
職歴:販売員

年齢:20代
性別:女性
国籍:台湾
語学:中国語、英語、日本語
職歴:英会話スクール運営

年齢:20代
性別:男性
国籍:韓国
語学:中国語、日本語(N1)、英語、韓国語
職歴:通訳・翻訳

年齢:20代
性別:女性
国籍:日本
語学:日本語、英語
職歴:放送・広告業界
コメント:オーストラリアへの留学経験があります。

年齢:20代
性別:男性
国籍:バングラデシュ
語学:ベンガル語、日本語、英語
職歴:観光情報サービス、経理、通訳・翻訳

年齢:30代
性別:女性
国籍:日本
語学:日本語、中国語
職歴:中国での営業経験4年、日本のメーカーでの営業経験2年、
   老舗旅館でのインバウント接客経験2年の経験があります。

年齢:30代
性別:男性
国籍:中国
語学:中国語、韓国語、日本語
職歴:旅行業、ホテル
コメント:日本でホテル観光を学んだのち、国内旅行業務取扱主任者、
   ホテル実務など一貫して旅行関連の仕事に携わっております。
   国内地理検定を取得しました。

年齢:30代
性別:男性
国籍:日本
語学:日本語、英語、フィリピン語
職歴:小売業、英会話講師
コメント:フィリピン留学経験あり。現在フィリピン語の翻訳勉強中です。

年齢:30代
性別:女性
国籍:日本
語学:英語、日本語
職歴:海外旅行添乗業務、旅行営業・事務(旅行会社)
   出発・到着ゲートでの案内業務(外資系航空会社)
   通訳・翻訳、貿易事務

年齢:40代
性別:女性
国籍:日本
語学:ロシア語、英語、日本語
職歴:ロシア語通訳・翻訳業務、リサーチ(放送業界)
コメント:ロシア語通訳案内士の資格を持っております。
   英語通訳案内士取得を目指しています。

========================================
2.やまとごころキャリア掲載企業データ
========================================

現在開中の求人情報:106件
(2月17日現在)

----------------------------------------
<新着掲載企業>
【スパイシー】
 長野・白馬!スポーツショップでの中国人対応スタッフ募集!
 https://www.yamatogokorocareer.jp/detail.cgi?job_no=1398

【Roseau Pensant】
 旅行プランナー!外国人観光客向けのツアー企画!
 完全週休2日制!総合旅行業務取扱管理者、大歓迎!
 https://www.yamatogokorocareer.jp/detail.cgi?job_no=1399

日本旅行
 インバウンド業務職員募集
 https://www.yamatogokorocareer.jp/detail.cgi?job_no=1054

【SPICE SERVE】
 チャータークルーズの営業職募集!インバウンド営業もお任せします!
 https://www.yamatogokorocareer.jp/detail.cgi?x=52&y=13&job_no=1360

========================================
3.お客様の声
========================================

やまとごころキャリアをご利用いただいている旅行会社、
東日観光様から、先週嬉しい採用のご報告をいただきました。

同社には昨年にも幣サイト経由で2名採用いただいていますが、
今回も「インバウンドの営業及び手配スタッフ」募集で、
見事1名採用につなげていただきました。

決め手を伺ったところ

インバウンド・イベント業務経験者で、
ドンピシャ!!!という方でした!
面接では、お互いすぐに話が通じて、即採用となりました。
まさに求めていた人材!という方に巡り合うことができて
本当に感謝しています!!」

とのお言葉をいただき、私たちも嬉しい限りです!


やまとごころキャリアでは、他にも多数の採用実績をご紹介しています。
▼「お客様の声」一覧はこちらから
https://www.yamatogokorocareer.jp/saiyou/voice/

======================================
やまとごころキャリアでインバウンド人材
を採用しませんか?
======================================

日本唯一のインバウンド専門求人サイトで
貴社の人材採用を強力にサポート

【特徴1】
インバウンドに特化した唯一の求人サイト

【特徴2】
応募者はインバウンドに興味・関心がある方のみ

【特徴3】
成果報酬型なので、採用決定するまで費用0円


他求人媒体で成果が出なかった企業様も
やまとごころキャリアでインバウンドに思いを
持つ、優秀な人材に出会い始めています。

ご興味のある方は以下からお申込みください。
↓↓↓
http://goo.gl/NzPn5f

========================================
 人材紹介・派遣に関するお問合せ
========================================
やまとごころキャリアは
派遣・紹介に関するお問合せも受け付けております。
(貴社のニーズに合わせ、パートナー企業を
紹介する形になります。)
ご興味ある方はお問合せください。

連絡先:kyujin@yamatogokoro.jp

========================================
4.編集後記
========================================

立春も過ぎたので、週末にお雛様を出しました。
狭いマンション暮らしの中でも、限られたスペースで
四季折々、年中行事の室礼(しつらい)を楽しむことが
暮らしを豊かにしてくれていると実感しています。

お正月やお盆など、そういった行事が
若い頃はなんだか面倒に思っていたものですが、
自分も家族を持ち、子供たちの成長を祝ったり、
日々の生活の中で家族が一緒に楽しめるイベントとして
気が付けば積極的に楽しむようになりました。

すると今度は、その行事や行事と切り離せないお道具、食べ物、
植物などに伝わる意味を知らないことに気が付きました。
今、あらためて「室礼(しつらい)」を通じて日本文化を学んでいます。

節分の「豆」が魔を滅する「魔滅」にかけた言葉から来ている、
なんて一つ知ると、なんだかすごく物知りになったきがしてしまいます。
そういえば、子供のころ祖母はいつもそういう話をしてくれていたことを
思い出し、離れて一人で暮らしている祖母のことに心を寄せたりすることも、
行事が家族の基盤となっていることの表れなのでしょう。

もとをたどれば私たちの文化は、中国からいただいてきたものが多く、
そこには「家族」「生活」「道徳」などのベースがあり、
先祖、神様、親子、自然とのつながりの考え方が共通しているのですね。

春節」を、単に旧正月のお休み、爆買い、など
表面的な部分だけとらえることには、いささか違和感を覚えます。
暦の成り立ちやその背景の文化を理解してみると、
「春に迎える新年を家族で盛大に祝う伝統」を
大切に受け継いでいる近隣国の友たちに
益々親しみを感じる今日この頃です。
(宮澤)

==================================================================

☆今後のセミナースケジュールはこちら
 http://www.yamatogokoro-ac.jp/programlist.html